building of the company

ハイテクと歴史

本拠地 フライジング事務所

2001年以来、当事務所はプリンツ ルードビッヒ通りの重要文化財指定の由緒ある建物に拠点をおいております。この一角は当初バイエルン王国第一狩猟大隊のために1906年建造され、軍事施設として使用されておりました。

ドイツ共和国軍、ドイツ国防軍、アメリカ軍、ドイツ連邦軍の駐屯地として使用された後、2000年から2002年にかけて民間で使用することが決定し、プリンツレーゲンテンパークとして再開発が行われました。

当事務所の本館は将校のための食堂として使用されていた、最も由緒ある、建築的にも趣のある建物です。別館は騎馬訓練場として使われておりました。拡張にあたり、外観は変えることなく、内部は最新鋭の近代化を図りました。

ミュンヘン事務所

2021年4月より、バイエルン州の首都でもご相談を承っております。1810年から毎年オクトーバーフェストが開催されているミュンヘンのテレージエンヴィーゼのすぐそばに、事務所は位置しています。

1892年に建築されたレトロな建物の中で、当事務所の弁理士・弁護士が最適なアドバイスを提供いたします。

フライジング事務所同様、効果的な職場環境を作るために、最新のオフィス技術と設備を整えております。欧州特許庁、ドイツ特許商標庁、中央駅から10分以内の距離にあり、ミュンヘンで最も人気のあるオフィス街に位置します。

Munich Office